恋愛、割り切り、不倫、セフレ、すべての出会いに役立つ情報だけをまとめて、さらに分かりやすく解説していくサイトです。

本当に出会い系でセフレを作ることができるのか?具体的なやり方と注意点

   

本記事では、誰もが知りたいであろう「セフレの作り方」を紹介します。

最近、はてブでもセフレが欲しい!学校じゃ教えてくれないセフレ作りの全知識がバズって話題になりましたが、
学校じゃ教えてくれないセフレ作りの全知識でも教えてくれないセフレの具体的な作り方を紹介したいと思います。

セフレとは
その前に、バズった記事の「学校じゃ教えてくれない」って当たり前だろっ!

セフレが欲しい…男なら誰でも1度は思うことですよね。
しかし、イケメン・高身長・金持ち..といったモテる要素があまりない方がセフレを作ることはかなりハードです。

ハッキリ言っとくけど、イケメンだろうが金持ちだろうが、セフレを作ることは難しいんですよ。
高身長とかまじで関係ない。

  • セフレといっても目的はさまざま
  • 一番セフレを作りやすいのはやっぱり出会い系?
  • 出会い系を使う前の心構え!トラブルを回避
  • セフレ募集のための出会い系サイト選び
  • 出会い系サイト登録からメールを送るまでの流れ
  • LINEのIDや連絡先を交換して会うまで

一般的に、セフレ=悪い と捉えている方も多いのですが
セックスレスに悩む夫婦であったり、セックスという行為が好きでいろんなプレイに挑戦したい方であったり
けして悪い関係ではありません。

むしろ、独身同士であれば何も問題ありませんよね。

そういったことも踏まえてセフレのことを理解して頂きたいと思います。

私も、セックスが好きで、今現在4人のセフレがいますが、4人ともお互いの良い関係として付き合っています。私の知人もセフレがいる方もいますが、付き合い方次第で面倒な関係になったりすることもありますので、セフレを作るということがどういうことなのかについても本記事で紹介したいと思う。

セフレといっても目的はさまざま

あなたは「セフレ」と聞いてどういうイメージを持っていますか?

セックスだけの関係?

セフレが欲しいと思っている方のほとんどは、セックスしたいときにセックスできる都合の良い関係だと思っていますが、じつはセックスすることだけの付き合いではありません。
どちらか一方だけが満足するような付き合い方をすると、長続きしないどころか、最悪な別れ方をして後悔していしまいます。

まず、セフレに求めているものは何か?について知ることからはじめましょう。

女性がセフレに求めているものとして下記のブログにこう書かれています。

「セフレだからって、ヤって終わりの関係を求める男なんて、絶対お断り!!」

女性がセフレに求める関係というのは、「ただヤりたいだけ」の女性ではないのが大半だということですね。

なぜ彼女たちはセフレを求めるのか?セフレに溺れた女の周りのセフレ女子から考察してみた | 裏の顔

女性を満足させることが大事

男性のみなさん、セックスだけの関係が欲しいという思考では、良いセフレは見つかりませんよ。

一番セフレを作りやすいのはやっぱり出会い系?

出会い系歴10年以上たったけど質問ある?:幸癒ニュー速VIP|2ch まとめ - ブロマガでもセフレ10人作った人は、・ワクワクメール・ハッピーメール ・PCMAX・Jメール・イククル・メルパラといった有名ドコロの出会い系を使っている。

そもそも、ルックスに自身があって、女の子とおしゃべりするのも苦じゃない男ってクラブとか路上でナンパしてもセフレってつくれるんでしょ?

この記事を読んでいる人って、セフレが欲しいけど、どこでセフレと出会うのか分からない、口説き方が分からないという人でしょう。
セフレを作りたいのにできない、なんとかしたい人におすすめなのはやっぱり出会い系が一番手っ取り早いんですよ。

とりあえず手っ取り早くセフレを作るまでのマジでエグい10個の裏技(8) - 増田の杜には、セフレを作るステップが紹介されているので、興味があれば読んでください。

簡単にまとめると

  • 自信をつけるためにもまずは「服装」を一般レベルに持っていこう。
  • 女性と話す練習をしましょう!
  • mixiで女の子と知り合って会っちゃおう!
  • 褒めよう!本当にシンプルに会話の節々で「かわいいよねー♪」と「凄いねー♪」
  • テレクラも実は凄く会える場所
  • エロ系SNSも使える
  • 本当に性欲が有り余ってる、SEXレスな人妻を狙おう

ちなみに、下記の2つの記事もセフレ作りにおいて役立つ記事です。

彼女ができないやつへの特効薬

彼女ができないやつの10の鎧

出会い系を使う前の心構え!トラブルを回避

セフレを作るなら出会い系

ネットを使った出会い系は昔から様々なトラブルが多い。
これは今も昔も変わらず場合によっては何らかの犯罪に巻き込まれてしまうことにもなりかねない。

安易な気持ちでやっていると、知らずのうちに自分が法を犯したり、加害者となってしまうことも・・・。
最悪の場合は、命に関わる事件に巻き込まれてしまうということもないくはない。

そういうことにならないために、出会い系を使う前の心構えをしっかり把握してほしい。

心構えの主な内容は出会い系サイトに関する法律、やってはいけないタブー、注意しなければいけない悪質な出会い系サイト、サクラやなりすましなどについてだ。

知らなかったでは済まされない重要なことも解説していきますので、出会い系を利用する前に読んでください。

出会い系サイトの心構え

その1 未成年(18歳未満)を相手にしてはいけない
その2 書き込みの隠語について
その3 どのサイトにもいるサクラ
その4 悪質な出会い系業者に気をつけよ

その1 未成年(18歳未満)を相手にしてはいけない

出会い系を使う男性の多くは若い女の子とやりたいという願望が強い。
女子大生、いや願わくば女子校生との出会いを期待している人もいるだろうが、
18歳未満の女の子と出逢いたいという考えはすぐに捨てた方がいい。

なぜなら、出会い系サイトを運営している会社、出会い系サイトの利用者は、援交(児童買春)やその他の犯罪から児童を守るための「出会い系サイト規制法」という法律によって規制されている。

つまり、ユーザーは未成年(18歳未満)の子をセックス目的で誘ったり、お小遣いをあげる代わりにデートしてほしいといったことが禁じられている。

性行為やエッチなことは抜きにして会うなら問題ないという人もいるが、実際にはそれもNG。

そもそも出会い系サイト規制法によって18歳未満の利用は一切禁止されているため、サイト側も会員登録する時点で年齢確認もやっているので、18歳未満の会員はいないことになっている。

しかし、法律を守らず年齢を偽って登録している未成年もいるため、未だに女子校生や未成年による援助交際が行われているのだが、言うまでもなく違法であることは間違いない!

出会い系を使ってエッチなことやお小遣いをあげるといったことを隠語を使って誘っただけでも犯罪となりますので、絶対にやってはいけません。

その2 書き込みの隠語について

出会い系サイトやline掲示板など、管理やセキュリティが甘いサイトでは、18歳未満の未成年による書き込みも簡単にできてしまうサイトもある。
このようなサイトでは未成年を誘うために隠語が使われている。
代表的な隠語をあげるとJK=女子校生、JC=女子中学生いったように、はじめて見る方からすると意味がわからないかもしれないが、こういったローマ字や漢字を組み合わせた隠語が使われている。

意味がわからないような言葉はすべて隠語と思ってもいいだろう。

下記のような書き込みやチャットは違法となるので気をつけて!

・「暇だよ~(^O^)諭吉さんで遊べる方?」 (諭吉=1万円)
意味→3万で援交しませんか?

・「穂別苺で¥しませんか?」(穂別=ホテル代別、苺=1万五千円、¥=援助交際)
意味→ホテル代別で1万五千円で援交募集

・「JKです!ゆきち五希望」(JK=女子校生、ゆきち=一万円)
意味→女子校生です、5万で援交希望

・「お小遣い欲しい!3でデートしてくれる優しいパパ募集」(お小遣い=援交、3でデート=3万円、パパ募集=援交希望)
意味→3万円で援交希望です。

このように、昔から隠語が使われていますが、隠語だからOKということはないので安易に考えないこと。
隠語を使って逮捕された例もありますので違法なことはやらないように。

その3 どのサイトにもいるサクラ

出会い系に潜むサクラの存在

最近、アシュレイマディソンという不倫SNSが情報漏洩したことでも話題になりました。
個人情報が漏洩してこともショッキングですが、女性の会員がほぼサクラだったということにも驚きました。

不倫サイト「アシュレイ・マディソン」流出データ大検証! 女性ユーザーはほぼ全員偽物 : ギズモード・ジャパン

ユーザーが実在していないにもかかわらず、サイトが賑わっているかのように見せかける手口としてサイト側がアルバイトを雇って女性になりすましたり、プログラムをつかって男性会員とやりとりさせたりという手口もまだまだ存在しています。

出会い系の男女比率は昔から男性の方が多いため、女性ユーザーにサクラを利用しているサイトも多い。
アシュレイマディソンのように知名度が高いサイトにもサクラがいるように、優良サイトにもサクラがいるケースは少なくない。

ひどい有料サイトでは、男性会員にたくさん課金してもらうことが目的のサクラや、個人を抜き出すことが目的のサクラもいるから注意が必要だ。
お互い連絡先を交換し、直接話しもできて信頼できる相手でもない限り、重要な個人情報は被害を拡大させる恐れがあるため簡単に個人情報を教えてはいけません。

参考サイト サクラ (おとり) - Wikipedia

その4 悪質な出会い系業者に気をつけよ

悪質な出会い系業者

出会い系には先ほど紹介した悪質なユーザーも多いが、出会い系サイト自体が悪質なものもあるので注意しなくてはいけない。
代表的なのが「ワンクリック詐欺」

ワンクリック詐欺というのは登録ボタンを押したら数万円の請求をされたり、自動的に意図しない手続きがすすめられたりというものですが、このような請求に関して反応してはいけません。基本的に無視するのが最善策。
なぜなら「電子消費者契約法」違反にあたりますので、支払う必要は一切ありません。

急な請求メールに驚いて支払う方もいるそうですが、一度支払に応じてしまったら相手の思う壺で、どんどん請求がきてしまうこともあります。

実在する悪質な出会い系サイトの例

登録もしていないのに料金を請求される。
出会い系サイトのトップ画面から女の子のプロフィールを見ようとしてボタンを押したらいきなり「登録完了」という表示になり料金を請求される。
●対処法
自動的に登録されたり、説明なしに料金を請求することは電子消費者契約法によって一切支払う必要はありません。

心当たりのないサイトに勝手に登録される
登録したら自動的に他のサイトに登録されるシステム。
●対処法
利用規約をよく見ると、”姉妹サイトにも登録されます”といった内容が記載されていることもありますが、「意に反して申し込みをさせる行為の禁止」に該当しているため支払わなくてOK

無料サイトのはずが、有料サイトになっている
サイトには「無料出会い系です、料金は発生しません」と書いてありますが、登録すると料金を支払わないと利用できないという仕組みになっているサイトがあります。
●対処法
無料と書いているのに料金が発生するのは完全な詐欺サイトです。たとえ催促メールがきても無視して構いません。

辞めたいのに退会することができない
悪質サイトの中には退会ができないサイトがあります。退会に応じてくれないという前に退会するボタン、退会の手続きができないようになっているのです。
●対処法
退会出来ないサイトに登録するまえに出会い系サイトの口コミや評判で悪質サイトじゃないか確認しましょう。

出会い系サイトのトラブルに巻き込まれないためのまとめ

出会い系のトラブル

出会い系サイトでは知らない異性と気軽に知り合うことができるメリットもありますが、悪質なサイトがあるということも頭に入れて利用しましょう。
最悪の場合、人生を台無しにしてしまうこにもなりませんので、出会い系を利用する前に今回紹介した心構えをしっかり守ってよいパートナーを探しましょう。

セフレ募集のための出会い系サイト選び

まずセフレを作るためには、セフレを希望する方が使う出会い系サイト選ばなければいけません。
セフレが作れる出会い系といってもたくさんありますので、その中から安全に出会えるサイトを選びます。

というのもまだまだ出会い系サイトには優良なサイトと悪質なサイトがありますので
まずこちらでは出会える優良サイトの見分け方を紹介したいと思います。

出会えるサイトを選ぶ5つのポイント

面倒くさいけど利用規約をくまなく読む

悪質な出会い系サイトは利用規約がハチャメチャです。
料金について、退会についてといった大事なことが抜けていたりしています。
登録前に利用規約に目を通すだけで、そのサイトがしっかり安全なサイトかどうかが分かります。

規約とは違う出会い系サイトはやめましょう

規約に書かれていることとは違った内容のサイトが時々あります。
無料サイトに登録したはずなのに、ちゃっかり有料の出会い系サイトにも登録されてしまうようなサイトは
決して出会えるサイトとはいえません。
すぐに利用を辞めて退会すべきです。

出会い系サイトのサイト名が商標登録されている?

知名度が高いワクワクメールやハッピーメールのように、人気のサイトは登録商標になっています。
登録商標になっているサイトは信用度も高いので、高い確率で出会えるサイトとしても人気なのです。

セキュリティ面がしっかりしているか

メールアドレスはもちろん、サイトによってはクレジットカードで利用する場合もありますが、セキュリティ対策が万全でないサイトは決して利用してはいけません。

ネットの口コミで評判はどうか

最後に、出会い系を利用する前に、出会い系を紹介しているブログや比較サイトなど、出会い系に関する口コミをまとめサイトなどにも目を通し、出会い系サイトが安全なものかたしかめましょう。

万が一トラブルに巻き込まれたり、被害に合われてしまったら
出会い系サイト(各種相談の件数や傾向)_国民生活センターに問い合わせてみましょう。

有料出会い系サイトと無料出会い系サイトどっちを選ぶべき?

無料サイトと有料サイトどっちがいいの?

出会い系サイトで気をつけるのは料金の支払い方法や課金システムもサイトごとに異なっています。

大きく分けると「完全無料のサイト」「ポイント制の有料サイト」「月々定額の有料サイト」となる。

お金がかからないサイトを選ぶ方も多いが、誰でも簡単に登録できるだけあってユーザーの質がよくない。
有料のサイトだから安心というわけではないが、完全無料を謳っている出会い系サイトより出会える確率が高いのも確かだ。

注意するべき点として、「登録無料」と大きく書かれていて無料サイトと勘違いしてしまうこと。
登録は無料だが使用料はかかるというサイトだ。

優良サイトの多くは、大げさな煽りがなく料金システムについてしっかり表記しているだろう。
出会い系サイトには悪質なサイトも多いので、まず料金面をを明確にしているサイトかどうかを見て判断しよう。

無料出会い系サイトの特徴

完全無料の出会い系サイトはそのサイトでは確かに料金は発生しないかもしれないが、登録と同時に姉妹サイトの有料サイトに登録されてしまうようなケースもある。
また、広告メールが大量に送られてきたり、ユーザーが有料サイトへ誘導するようなサクラだったりと欠点をあげればやるべきではない。

唯一のメリットとして、確かに完全無料で利用できる出会い系サイトもあるので、そのサイトを選べば一切お金をかけずに異性と出会うことも可能である。
また、何通もメールを送ってもタダなので、気軽にやりとりできる。
しかし圧倒的に男性ユーザーの方が登録者数が多いので、女性と出会える確率は有料サイトと比べて低いと言われている。

女性は基本的に有料サイトでも無料で利用できるため、女性の立場で考えたら有料サイトに登録している男性の方を選ぶのではないだろうか。

ポイント制出会い系サイトの特徴

ポイント制の出会い系サイトは、サイト内の機能ごとにポイントが必要なります。
たとえばメールを送るのに10P、女性のプロフィールを閲覧するのに10Pというかたちで消費していくシステムです。

ポイント制だから安心というわけでもなく、悪質なポイント制の出会い系サイトもたくさんあります。
以前、ポイント制のサイトが男性会員のポイントをできるだけ消費させるためにサクラを雇っていたことがニュースにも取り上げられて話題になりました。

自分が出会い系サイトで女の子と思って必死に口説こうとメールしてた相手が、男のバイト生だったことを知ったら当然ショックですよね。

話しが少しそれましたが、知名度の高い有料サイトはこのポイント制のシステムであり、出会える確率も比較的に高いと言えます。
メル友や恋愛といったピュアな関係よりも、不倫やセフレといったアダルトな関係を目的したユーザーが多くいます。
セフレ募集で考えたらポイント制の出会い系サイトが一番おすすめです。

定額制出会い系サイトの特徴

定額制出会い系サイトは料金がかかるが、月々の料金が固定されているため思う存分メールし放題というメリットがあります。
ポイント制のサイトの場合、ポイントの消費を考えながらやりとりしたり、気がついたら結構な金額になっていたりという心配もありますが、定額制の出会い系サイトにはそのような心配はいりません。

いくらでもメールができるため、相手をしっかり選びたいという方が多く、結婚相手やお見合いといった真面目な出会いを期待している方が多いのが定額制サイトの特徴です。
ですから、有名な婚活サイトなんかでもほとんどが定額制プランになっていますよね。
月々の相場は2,000~3,000円といったところでしょう。今回はセフレ募集が目的のためこういう定額制の出会い系サイトはおすすめしません。

無料サイトと有料サイト、どっちを選ぶか迷ったら

初心者の方だったらまず安全な無料の出会い系サイトに登録してみて、異性とのコミュニケーションやサイトの使い方に慣れた方がおすすめです。
ある程度出会い系サイトの経験がある方でしたら、ポイント制のサイトに登録した方がすぐに出会えると思います。

これまでの経験上、メールしたその日に出会えたというのはポイント制のサイトだったので、セフレ・不倫・割り切りで遊びたいならポイント制をおすすめします。

出会い系サイト登録からメールを送るまでの流れ

出会い系サイトでメールを送る

セフレ目的で会えそうな優良出会い系サイトを選んだら、次は登録からアポまでの流れについて説明したいと思います。

出会い系サイトは会員登録しないとメールやプロフィール閲覧といったサイト内の機能を使うことができません。
最近流行っているLINE掲示板みたいに、登録せずに書き込みできる掲示板もあるが、ニセの書き込みである場合が多い。

まず簡単な情報を入力し登録してログインしよう。

登録から出会うまでの相手を選ぶまでの具体的な流れ

①出会い系サイトに登録

②プロフィールについて

③掲示板や書き込みをチェック

④相手にメールを送る

①出会い系サイトに登録

出会い系サイトへの登録は、メールアドレス、年齢確認、ニックネームというのを設定し仮登録します。
登録したメールアドレス宛てにIDやパスワードなどの登録内容のメールが届きますので、指示にしたがってログインしましょう。

サイトにログインして本登録を完了せることができます。

②プロフィールについて

プロフィールは相手が自分のことを判断する重要項目だからしっかり書きましょうと一般的には言われていますが、
個人的にはそこまで細かく設定する必要はありません。むしろ細かく設定している方が怪しい。
なぜなら、これまでの経験上、実際の会員よりもサクラの方がプロフィールが細かったりするからだ。

年齢や地域は確かな情報を書いた方が出会いに直結しますが、
セフレを探している女性の意見として、職業や年収、身長や血液型などを書いても判断材料として見ていないのです。

恋愛や結婚相手など長い付き合いになる場合、職業や年収というのが大事なポイントかもしれませんが、一夜限りの割り切り関係には外見や人柄、セックスの相性というのが大きな判断材料になります。

ニックネームや地域の他にプロフィールで書いた方がいい項目は「趣味や休日の過ごし方」だけで構いません。
趣味や休日の過ごし方を書いていると、メールで知り合う時の話題にもなりますし、共感する人は信頼しやすいですよね。

③掲示板や書き込みをチェック

セフレを探す

自分のプロフィールを作成したら早速セフレ探しです。
出会い系サイトでセフレの探し方というのは、基本的に地域や年齢などを絞って検索できる機能で探すか、
なんでも自由に書き込みができる掲示板に書いている会員から探すかのどちらかになります。

サイトによっては、現在ログイン中の相手を探せる機能がついている出会い系サイトもあるので、その場合ログイン中の女性会員にメールを送ることで繋がる確率が高くなります。

また、プロフィール一覧ページでは、新規登録した順番か、日記を更新した順などソートできる場合もあるので、
実際に活動している会員にアプローチしていきましょう。

プロフィールや書き込み内容でサクラや業者を見分ける

長年出会い系サイトをやっていると、プロフィールを見ただけでサクラかどうか分かるようになります。
そこでサクラのプロフィールの特徴をあげてみます。
・写真がエロすぎる。
いくらセフレ募集といっても自分の裸をプロフィール写真に使う人はいません。
エッチな写真はほぼサクラだと心得ましょう。

・カワイイ、美人すぎる写真。
芸能人に似ているようなカワイイ写真の子がいますが、実際にネットからカワイイ子の写真を使っているサクラの可能性が高い。

・男性を刺激するような激しい紹介文
セックスしたくてたまりません。とか、今スグにでも入れて欲しい。というような激しい書き込みもサクラの特徴です。

④相手にメールを送る

興味のある相手にメールを送る
好みのセフレ候補を見つけたら早速メールしましょう!
出会い系でセフレを作るためにはメールのやりとりが非常に大事になってきます。
女の子とメールのやりとりを繰り返し、お互いの距離を縮めていきます。

そのため、最初のメールが一番肝心で、ちゃんと返事をもらうコツがあるので紹介したいと思います。

・すぐに連絡先を聞いてはいけない。
最初のメールでいきなり連絡先を聞いて教えてくれるわけありません。
ナンパでも同じですが、連絡先を交換するまでに相手から信用されないといけません。
信用されるために、自分がどういう人なのかなどメールしなくてはいけません。

・相手が年下だろうが上から目線、タメ口は危険
初対面の相手には大人らしく丁寧に接するのが大事。

・メールの終わりは質問で
「はじめまして、◯◯ちゃんのことが気になってメールしました。◯◯に住んでるんですね、普段はどんなことして遊ぶんですか?」というように質問で終わることで返信率が高くなります。

メール仲良くなるためには、メール内容も大事ですが、メールする時間帯・タイミングも大事です。
とくに深夜の時間帯に何回もメールするのは失礼です。
「次の日は仕事ですか?」とか相手に気を使うことを心がけましょう。

出会い系サイトというのは女性よりも男性会員の方が多いので、女性はたくさんの男性からメールが送られてきます。
あなたが、セフレ候補一人に送って返信を待っていてももしかしたら見てもらえないことすらあるのです。
そうなるとセフレができるのがいつになるのかわかりません。

ですから、セフレ候補は一人ではなく、5人以上ピックアップしてメールを送りましょう。

登録からメールを送るまでの流れについて説明しましたが、
すでに熟知している方もいれば、知らなかったという方もいるでしょう。
あくまでも基本的な作業ですので、おろそかにせず繰り返しましょう。

LINEのIDや連絡先を交換して会うまで

出会い系サイト内のメールでお互いの関係が良いと感じたら
早速出会う約束をしたり、さらに距離を近づけるためにメアドや無料SNSアプリのIDを交換するというステップになる。

女の子とメールするだけで満足している方も時々いますが、
いつまでもサイト内でメールしてても意味がありません。
あくまでも出会い系サイトを利用しているわけですから実際に出会いまで発展させることが目的。

連絡先・LINEなどアプリのIDを聞き出そう

サイト内のメールである程度関係を近づけたら、さらに関係を縮めるためにメアドを聞こう。
相手の女の子も出会い系サイトに登録しているので、仲良くなったらメアド交換を拒むことはないだろう。

もちろんLINEのなどのIDを交換するのがベストだが、気軽に教えられる情報ではないので
聞き方が悪かったら教えてくれないこともある。

だからサイト内のメールで親密な関係までに仲を深めておくのがポイントだ。

◆連絡先・アプリID聞き出しテクニック

サイト内のメールが面倒くさいこと、タイムロスがあることを口実に聞き出す。

LINEやメールとちがって、出会い系サイト内のメールを見るためにはログインしなくてはいけない。
「異性からメールが届います」という通知からサイトにログイン、それから返信。と面倒くさいしタイムロスもある。

絶対的に、直アドかLINEなどのアプリIDを交換した方がお互いメリットがある。

仲良くなっているのにもかかわらず、直アドやLINEのIDを教えてくれない場合はサクラの可能性もあるので警戒しよう。

反対に直アドの交換を向うから申し込んでくるというのも業者という可能性も高いので気をつけよう。

実際に待ち合わせ・会う約束をしよう

スマホのメールやLINEアプリでやり取りを繰り返し、さらにお互いが信用できる間柄になったらもう十分。
実際に会う約束をして大抵の場合上手くいく。

相手も出会い系サイトに登録してセフレを探ししているわけだから、
遠回しに誘ったり、回りくどい誘い方をしなくてもいい。

出会い系サイトで仲良くなったら出会うというのは自然な流れですので、
食事か飲みか、デートか、これまでのメールでリサーチしておくと誘いやすい。

出会う約束を高めるメール例

NGメール
・「返事ありがとねー。◯◯ちゃんの番号教えてくれない!?来週暇なら早速会おうよ。」
いきなりタメ口で友達のようなメールでいきなり連絡先を聞くのはNG。

きっといきなり番号交換を申し入れてもサクラや業者じゃないかぎり教えてくれないだろう。
まず、メールでは仲良くなることを目的に趣味とかで会話を盛り上げよう。

OKメール
「メールありがとうございます。プロフィール見ましたけど音楽が好きなんですね。自分も音楽聞くの好きですが◯◯さんはどんなジャンルが好きですか?」

「いつか時間があれば音楽の話しをしながらお酒でも飲みたいですね。」

最初に”ありがとうございます。”というお礼を入れておくときっと良い印象を持たれます。
女性からみた印象として「プロフィールを見ていることも信頼できるポイントだし、二人でいても楽しい時間を過ごせそう。この人だったら会ってもいいかも。」というように、アポ率が高くなると思います。

ほんとにタイミングが合わずに出会えないこともあるが、一人に執着するのではなく、次から次へと新しいセフレ候補にアプローチし続けて行こう。

 - セフレ